記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボゴタの教会


大統領府から少し坂道を登ったところにある教会です。

コロンビアはキリスト教カトリックの国ですが、カトリックにも色々な宗派があり、ボゴタのこれはカルメン派の教会です。

カルタヘナはアウグスティヌス派の教会が多いのですが、コロンビアは独立以来、教会の既得権益を重視する保守党と、教会権力の制限を目指す自由党との党派対立が長く続き、教会への弾圧や神父の追放も行なわれました。

有名なカルタヘナの「ポパの丘修道院」は1845年、コロンビア政府の迫害により閉鎖され、その後100年も放置されていましたが、その間に貴重な文化財が盗まれたりして散逸してしまいました。

カルメン派の教会は派手な装飾が特徴で、これも童話に出てくるお菓子の家のようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

土屋正裕

Author:土屋正裕
画像は南米コロンビアの首都ボゴタ中心部のボリーバル広場。明星学苑卒。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。