土屋正裕のブログ
プロフィール

土屋正裕

Author:土屋正裕
画像は南米コロンビアの首都ボゴタ中心部のボリーバル広場。明星学苑卒。



最新記事



月別アーカイブ



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロンビア歴史物語 第1話

まず、コロンビアという国がどこにあるか知らない人のために解説。

世界地図を広げてほしい。南アメリカ大陸の一番上、南米の玄関に当たるところにあるのがコロンビアだ。正式名称はコロンビア共和国。北にパナマ、南にエクアドルとペルー、ブラジル、東にベネズエラと隣り合っている。

面積は約113万平方キロメートル。日本の3倍強。人口は約4500万人で、日本の3分の1くらい。中南米ではブラジルとメキシコに次ぐ多さだ。人口の6割がメスティーソ(混血)で、白人、インディオ、黒人、ヨーロッパ系やアラブ系、東洋人もいる。

国土の真ん中をアンデス山脈が走り、マグダレーナ川という大きな川が国土を真っ二つに割るように流れている。東にカリブ海、西に太平洋が広がり、国土の南はアマゾンのジャングルだ。人が住み着いているのはほとんどがアンデス地方で、南部のジャングル地帯にはほとんど人が住んでいない。

コロンビアは世界中の気候を持つ国と言われる。起伏に富んだ地形が熱帯、温帯、冷帯の様々な気候をもたらす。

同じコロンビアでも首都ボゴタは標高2600メートルの高原にあり、富士山の7合目くらいの高さだ。ゆえに熱帯にありながら年中涼しく春か秋のような気候である。

一方、カリブ海に面した港湾都市カルタヘナは常夏である。新鮮な魚やトロピカル・フルーツがふんだんに手に入る。アンデスの山岳地帯は乾燥していて寒くて雪も降るが、アマゾンのジャングルはジメジメと蒸し暑く年中雨が降り人の体にカビが生えてしまうほどの高温多湿の環境である。

国民の大多数はキリスト教カトリックのクリスチャンである。コロンビアはもともとカトリック教会の力の強い国で、国家と宗教が密接につながっていたが、近年は世俗化で国民の信仰心はそれほど強くはなく、全国民の6割はさほど熱心に宗教を信仰していないという。

公用語はスペイン語である。コロンビアのスペイン語はスペインのアンダルシア地方の「正統派スペイン語」とされ、最も発音の正しい美しいスペイン語と言われる。そのため、スペイン語を学ぶためにわざわざコロンビアに留学する者もいるほどだ。

コロンビアという国名の由来はアメリカ大陸の発見者クリストファー・コロンブスにちなんでいる。ちなみにアメリカにもコロンビアという地名は沢山あるが、そちらのコロンビアは「Columbia」である。国としてのコロンビアは「Colombia」なのでスペルの違いに注意されたい。


コロンビアの歴史は古く、今から5千年前にはすでに中米から渡来した先住民インディオの文明が発生していたとされる。

コロンビアの先住民で最大のものはチブチャ族で、彼らはペルーのインカ帝国にも匹敵するほどの高度な文明を持ち、酋長を基盤とするゆるやかな連合国家を築いていた。

16世紀にスペイン人の侵略が始まったとき、チブチャ族はバカタ国とウンサ国というふたつの国に分かれていた。

1538年、スペインのコンキスタドーレス(征服者)であるゴンサロ・ヒメネス・デ・ケサーダは黄金を求めてコロンビアを探検し、マグダレーナ川をさかのぼってバカタ国にたどり着いた。

ケサーダは難なくバカタ国を滅ぼし、ここに現在の首都ボゴタを築いた。ボゴタという地名はバカタにちなんでいる。

ケサーダは他の征服者と同様、南米大陸には黄金があるという伝説を信じていた。しかしボゴタ周辺では大規模な金脈は発見できなかった。ケサーダが見つけたのはわずかなエメラルドだけだったと言われている。

しかしスペインの黄金熱は冷めることがなかった。コロンビアが「エル・ドラード(黄金郷)」と呼ばれた所以である。

征服者たちは黄金を求めて先住民を征服し略奪し虐殺し、醜い争いの限りを尽くした。平和に暮らしていたインディオたちはたまったものではない。

征服者たちの行状があまりにも悪かったため、スペイン国王はコロンビアに副王を置き、「ヌエバ・グラナダ副王領」としてスペインの植民地にすることを決定した。

副王というのは国王の代理人である。今で言えば大企業が海外に合弁会社を作り、現地人に経営を任せるのと同じようなものだ。


1550年、スペインはコロンビアをヌエバ・グラナダ副王領とし、ボゴタに副王を置いて統治を始めた。

とは言え、コロンビアは広大である。飛行機も車も電話もなかった当時、これだけ広い土地を支配するのは困難を極めた。

ボゴタにいる副王から各地に伝令を飛ばし、指示を与え、報告を得て新たに指示を出すだけで何ヵ月かかるか分からない。そこで副王はもっと効率的な方法で植民地支配をスムーズに行なおうと考えた。

それが「エンコミエンダ制」である。エンコミエンダ制とは、キリスト教の宣教師を未開の地に派遣し、現地のインディオを改宗させ、彼らを保護・指導する代わりに、宣教師は彼らから労働力と税を得てよいというものである。

現地民を保護するとは言っているが、要するに奴隷制である。キリスト教でインディオを手なずけておいて、彼らを奴隷にして働かせようというのだ。

このエンコミエンダ制のおかげで植民地支配はその後300年近くも続くことになる。インディオたちは奴隷にされ、生かすも殺すも白人次第となった。

白人たちが行なった残虐行為の数々は目に余るものがある。中にはラス・カサスのような人道主義者もいて、インディオの虐待を告発し彼らの待遇改善に努力した白人もいたが、多くの白人はインディオを人間とはみなしておらず、家畜のようにこき使った。

コロンビアは人口の6割が混血である。白人がインディオを徹底的にレイプしたその名残りだ。征服者は必ず略奪とレイプを繰り返す。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tsuchiyamasahiro.blog.fc2.com/tb.php/421-7df017e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。